MENU
駅やエリア、店名で検索

まつげパーマの翌日のやり直しは可能?失敗した時の対処法

まつげパーマ失敗
まつげパーマ失敗

まつげパーマは、毎日のメイクの時間を短くしたり、まつげを自然にカールさせたりと、多くの女性に人気のある美容施術です。

しかし、まつげのカールが思い通りに仕上がらなかった場合、翌日にまつげパーマをやり直したいと考える人もいるでしょう。

この記事では、どんな状態がまつげパーマの失敗か、失敗したときの対処法についてご紹介しています。

まつげパーマを翌日かけなおしてもいいか知りたい人はぜひ参考にしてくださいね。

目次

まつげパーマ失敗?!こんな状態になったら

まつげパーマ失敗
まつげパーマ失敗

せっかくまつげサロンに行っても「もしかしたら、まつげパーマ失敗してるかも…?」そう感じたことはありませんか。

まずは、まつげのどんな状態が「まつげパーマの失敗」なのか、チェックしていきましょう。

主に以下のまつげの状態になった場合、まつげパーマが失敗している可能性が高いです。

  • パーマがかかっていない(弱すぎる)
  • パーマがすぐ取れる
  • パーマが強くかかりすぎている
  • 全体ではなく、まばらにパーマがかかっている
  • まつげが痛んでしまった(チリチリになる、切れる)
  • まつげが折れてしまった

個人差はありますが、まつげパーマは一般的に約1ヶ月ほど持続する施術です。

サロンで施術してもらってから、数日でパーマが取れてしまった人も、まつげパーマが失敗している状態と言えます。

まつげパーマが失敗してしまう原因

まつげパーマ失敗
まつげパーマ失敗

まつげパーマが失敗してしまう原因は、基本的にアイリストの技術不足なので、自分で防ぐのは難しいことです。

施術が失敗してしまう理由としては、以下の内容が考えられます。

  • まぶたの形やまつげの長さにロッドが合っていない
  • 必要以上にテンションをかけすぎている
  • パーマ剤の選定ミス

また、元々のまつげの状態や、毛質によってカールのつきやすさが違うので、それがまつげパーマの失敗につながることもあります。

まつげパーマが失敗したときの対処法

まつげパーマ失敗
まつげパーマ失敗

「まつげパーマ失敗したかも…」と感じたら、まずはまつげパーマの施術を受けたサロンへ相談してみましょう。

まつげパーマに保証期間を設けているサロンの場合、失敗しても一定期間内であれば無料でパーマのかけ直しを受けられることもあります。

まつげパーマが失敗した直後は気持ちが落ち込むかもしれません。しかし、まつげパーマが失敗したときこそ、サロンに相談するのが最も効果的な対処法と言えます。

まつげパーマは翌日やり直してもらえる?

まつげパーマ失敗
まつげパーマ失敗

まつげパーマが失敗して、翌日にやり直しができるかは、サロンの空き状況にもよります。まつげパーマが失敗して、早急にまつげパーマのやり直しをしたい場合は、早めに連絡しましょう。

まつげパーマは、パーマが取れるまでの期間に加え、まつげを休息させる時間として、1〜2ヶ月おきに施術を受けることを推奨しています。

そのため、まつげパーマが失敗した翌日はまつげのダメージが酷く、施術を受けられないケースもあるので注意してください。

まつげパーマのやり直しは同じサロンがおすすめ

まつげパーマ失敗
まつげパーマ失敗

まつげパーマが失敗して、やり直しを希望する場合は、基本的に同じサロンにお願いするといいでしょう。前述の通り、同じサロンの場合は、まつげパーマが失敗しても無料でやり直してくれる可能性があります。

けれども、まつげパーマを失敗したとき「気まずいから他のサロンでお願いしたい」という方もいるでしょう。

しかし、他店ではまつげパーマで使った薬剤などの詳しい施術内容がわからないため、まつげパーマのやり直しを受けていないサロンもあるので注意が必要です。

もし、まつげパーマが失敗して、他店でやり直しをする場合は、通常料金がかかってしまうことは把握しておきましょう。

まつげパーマやり直しの際にかかるダメージは?

まつげパーマ失敗
まつげパーマ失敗

まつげパーマが失敗してやり直しをすると、短期間に2回パーマをかけることになるので、どうしてもまつげに多少のダメージは出てしまいます。

しかし、通常のまつげパーマであればさほどダメージはありません。

まつげパーマの薬剤は、まつげ専用に美容成分を配合して作られている物なので、まつげへのダメージを最小限に抑えられているからです。

そのため、まつげパーマが失敗してやり直しとなっても、1度程度であれば問題がない場合が多いでしょう。

まつげパーマの失敗を防ぐためには

まつげパーマ失敗
まつげパーマ失敗

まつげパーマに限らず、サロンに行ったらまず失敗しないことが当然ですよね。まつげパーマが失敗しないために、最も大切なことはサロン選びです。

予約前・施術前に自分自身ができる、まつげパーマが失敗しない対策を紹介します。

サロンの口コミをチェックする

まつげパーマの予約前に、施術するサロンの口コミをしっかりと読みましょう。評価の高い口コミだけでなく、全体的に目を通すのが、まつげパーマが失敗しないポイントです。

また、まつげサロンから発信されている情報だけでなく、SNSやインターネットなどの口コミをチェックしておきましょう。

まつげパーマの仕上がりや、お直しについてなど、実際に施術を受けた人の感想や写真を見ておくことで、サロンの雰囲気を把握できます。

スタッフの経歴を調べる

所属するスタッフ(アイリスト)の経歴を調べることで、まつげパーマの失敗回避につながります。

例えば、アイリスト歴10年以上のスタッフが所属していたり、コンテスト受賞歴があるスタッフがいる場合、技術力が高いサロンと言えます。

施術実例を公開している場合は、自分のなりたいイメージを作成しているスタッフを指名するのもおすすめです。

ベテランスタッフがいるかをよく見極めて、まつ毛パーマの失敗する確率をできる限り下げましょう。

なりたいイメージを正確に伝える

施術前のカウンセリングで、どんなデザインにしたいかを入念に伝えましょう。アイリストに細かく伝えることで、まつげパーマの失敗確率を減らせます。

技術力も大事ですが、アイリストがまつげのデザインを具体的にイメージできるよう、しっかりと伝えることも大切です。

言葉で伝えるのが難しい人は、なりたいまつげの写真を用意しておくと、よりイメージが鮮明に伝わりますよ。

まつげパーマが失敗したらすぐにサロンへ相談!

まつげパーマ失敗
まつげパーマ失敗

まつげパーマは、できるなら失敗しないことが一番です。しかし、もしまつげパーマが失敗してしまったらすぐにサロンへ相談するようにしましょう。

まつげの状態によって翌日にお直ししてもらうことも可能です。しかし、まつげパーマのダメージがひどい場合は美容液で修復する必要があります。

まつげパーマが失敗しても焦らずに、サロンへ連絡をしましょう。やり直しを別のサロンで選ぶ場合、サロンの口コミをチェックしたうえで予約をしてください。

まつげパーマサロン情報をチェックする

おすすめのまつげパーマサロン情報
おすすめのまつげパーマサロン情報

あわせて読みたい記事:東京でおすすめのまつげパーマサロンランキング20選

あわせて読みたい記事:福岡でおすすめのまつげパーマサロンランキング10選

■北海道・東北エリア

■北陸エリア

■関東・甲信越エリア

■東海エリア

■関西エリア

■中国エリア

■四国エリア

■九州・沖縄エリア

まつげパーマ失敗

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次