MENU
駅やエリア、店名で検索

アイリストの求人情報で注目するべき項目|給与や資格情報なども説明

アイリストは、美容サロンのなかでも今需要が高まっている職種です。アイリストの求人は数多く掲載されており、未経験者から経験者まで幅広い人が求められています。

しかし、アイリストの求人で、どこに注目すべきなのか分からない人も多いでしょう。今回の記事では、アイリストの求人情報で注目すべきポイントなのかを詳しく説明します。給与や資格情報、アイリストの求人応募がおすすめの人などもあわせて解説するので、ぜひ最後までお読みください。

目次

アイリストとは

アイリスト 求人 施術イメージ

アイリストとは、目元の美容に関する施術を行う専門のプロのことを指します。アイリストの施術は、まつ毛エクステ、まつ毛パーマ、アイブロウスタイリングなど多岐にわたります。

アイリストは、1980年代に誕生したとされる名称です。当初はまつ毛エクステの施術者を指しましたが、今では目元を施術する人のことを言います。

アイリストは、主にアイラッシュサロンと呼ばれる場所で働きます。アイラッシュサロンのなかには、美容室やネイルサロン併設型のところも珍しくありません。

アイラッシュサロンは、今現在も多くのアイリストの求人を掲載しています。これは、人手不足の背景に加え、アイラッシュサロンの人気が高まったことで、アイリストの需要が高まったからです。

そのため、アイラッシュサロンの多くは、好待遇でアイリストの求人を掲載しています。アイリストの就職を後押しする状況になっており、求人情報は常にチェックするべき情報のひとつとなっています。

アイリスト求人で注目するべき7つのポイント

アイリスト 求人 7つのポイント

アイリストの求人で注目するべきポイントは、福利厚生を中心に6つあります。ここでは、ポイントごとに詳しくアイリストの求人情報を説明します。

①社会保険完備か調べる

多くのアイリストは、アイラッシュサロンの求人を経て、会社に所属することになります。そのため、社会保険への加入となることが多いです。

しかし、社会保険は加入が必須というわけではありません。なかには、社会保険への加入は任意というケースもあります。

そのときに、自分自身が選択できるように、アイリストの求人情報に”社会保険完備”と書いてあるかどうかチェックしてください。

法人事業所、または常時5人以上使用する個人事業所なら、社会保険に希望すれば加入できるので、その点もチェックしておきましょう。

②月間・年間の休日を調べる

アイリスト求人は、月間の休日、年間でどのくらいの休日があるかどうかも調べておきましょう。アイリスト求人の月間休日は約7~10日であることが多いです。

アイラッシュサロンは、お店の求人によって休日の日数が異なります。週休完全二日制となっている求人や、シフト制で調整をお願いする求人もあります。

また、月間の休日以外に、夏季休暇や年末年始休暇などの”特別休暇”もチェックしてください。他にも、慶弔休暇の日数も大切です。

アイリストの年間休日は、約100〜120日前後といわれています。休日を重んじる場合は、120日以上のアイリスト求人を探すのがおすすめです。

③勤務時間を調べる

アイリスト求人には、主な勤務時間が載っています。勤務時間は、約8時間というアイリスト求人が多く、どれくらいの頻度で残業が発生するかどうかも要確認です。

また、勤務時間帯の確認も必要です。アイリスト求人の勤務時間が昼~夜の場合、帰宅が遅くなる可能性があります。逆に、朝早いアイリスト求人の場合は、早起きをする必要もあるでしょう。なかには、前半・後半の時間帯と選択制のアイリスト求人もあるので、事前の確認が大切です。

適切な勤務時間帯というものはなく、アイリスト求人と相性が良いかということが重要となります。どのような勤務時間になるのか、自分に適した勤務時間であるかをしっかりと確認しましょう。

④通勤の仕方を調べる

アイリスト求人のなかには、通勤方法が定められていることがあります。駅チカのアイリスト求人の場合、駐車場がないと車・バイクなどの通勤が禁止されていることもあります。

駅から遠い場合は、交通機関の確認が大切です。駐車場が利用できない場合は、バスによる通勤になることもあるので注意してください。

自宅からのアクセスが悪いと、アイリスト求人の条件が良くても長続きできない可能性もあります。アイリスト求人の所在地や、指定通勤方法を確認してから応募をしましょう。

⑤研修内容を調べる

アイリスト求人に応募して採用されても、最初は研修からスタートすることもあります。研修の内容は、アイリスト求人によって異なります。

アイリスト求人によっては、店舗による研修ではなく、アイリスト専門のスクールに通えるところもあります。

研修中は、アイリスト求人の正規の待遇ではなく、研修専用の待遇となることが多いです。研修専用の待遇もきちんと確認をしておきましょう。

⑥産休・育休があるか調べる

アイリスト求人に応募する人は、女性の場合が多いでしょう。そのため、将来に向けて産休・育休があるかどうかも大切になります。

産休・育休の取得率が低いアイラッシュサロンは、アイリスト求人の条件が良くても、休職がしにくい場合があります。

産休・育休がしっかり取得できるところなら、キャリアを積みやすい環境といえるでしょう。アイリスト求人に、産休・育休の明記がない場合は、面接で質問をしてみてください。面接で回答に難色を示す場合は、そのアイリスト求人とは相性が悪いとも言えます。

アイリスト求人の平均給与

アイリスト求人 給与のイメージ

アイリスト求人の平均給与は、アイリスト歴によっても変わりますが、月収約20万〜30万円が一般的です。経験者で店長候補の場合は、約40万円という好待遇の店舗もあります。

アイリストの求人は、地域によっても給与が上下します。例えば、都心の来客が多い店舗の場合は、月収が増える傾向があるので要チェックです。

また、基本給が低いアイラッシュサロンであっても、歩合給を採用しているところが多いです。アイリストの求人は、基本給以外にもインセンティブやボーナスなどがあるので、ぜひ調べてみましょう。

アイリスト求人の給与で注目するポイント

アイリスト 求人 給与のイメージ

アイリスト求人の給与は、さまざまな項目があり、単純な数字だけでは比較ができません。ここでは、アイリスト求人の給与項目で注目するべきポイントを解説します。

昇給の有無を調べる

アイリスト求人には、昇給の有無があるかをよく確認してください。年数によって月収がアップしていく制度を設けていれば、長期間働くことへの意欲が湧くでしょう。

アイリスト求人の昇給は、研修修了後や、1年以上勤務を続けることでアップするという条件のところが多いです。早いところでは、半年後に給与がアップします。

その後の昇給も継続してあるかどうかは、面接で質問するのも良いでしょう。アイリスト求人によっては、基本給の昇給がなく、歩合制でカバーするところもあるので気をつけてください。

歩合給を調べる

アイリスト求人のなかには、歩合給の記載があります。歩合給の制度はアイリスト求人によってさまざまですが、自身の売上に応じて給与が変わるところが多いです。

歩合給は給与面で最も見比べるべきポイントです。例えば、売上100万以上で10%の歩合給がもらえるところや、50万円で10%のところもあります。金額やパーセンテージはアイラッシュサロンによって変わります。

ただし、歩合給が低いアイリスト求人であっても、基本給でカバーしているお店もあります。自分にとって、基本給が良いところ、歩合給が良いところ、どのバランスが最もがんばれるかを焦点としてください。

各種手当を調べる

アイリスト求人には、色々な各種手当が掲載されています。アイリスト求人によって、努力に応じたさまざまな手当があり、アイラッシュサロンの特色がよく出るポイントでもあります。

よくある手当のひとつは、指名された数によってバックがもらえる制度です。指名された人数によって、アイリスト求人に応じた手当がもらえます。

また、店舗の売上アップによる手当、店舗目標達成による手当などもあります。店頭販売品の売上も手当としていただけるところがありますが、強引に販売すると店舗の評価が下がるので注意してください。

手当が豊富なアイリスト求人は、努力が反映されやすい店舗です。なるべく手当が多いアイリスト求人に応募して、モチベーションを高めましょう。

交通費全額支給か調べる

アイリスト求人の給与は、交通費が全額支給されるかどうかもポイントです。アイリスト求人のなかには、交通費の支給上限が決まっているところもあります。

特に注意してほしいのは、自宅から遠方にあるアイリスト求人に応募したい場合です。交通費が全額支給でないと、そのぶんは自分の給与から差し引かれてしまいます。

また、アイリスト求人によっては、最安ルートのみの保証というところも多いです。最安ルートが乗り換えが多い場合、通うのが大変なこともあるでしょう。

自己負担をなくすためにも、アイリスト求人は、交通費全額支給と明記してあるところを選ぶのがおすすめです。

アイリスト求人に必要な資格「美容師免許」を取得する方法

アイリスト求人 美容師免許の取得方法

アイリスト求人に応募するためには、国家資格である「美容師免許」を取得することがほぼ必須です。

美容師免許を取得するには、まず指定された養成施設に入ります。養成施設は、専門学校であることが多いです。通学や通信など、学校によってさまざまな制度があります。働きながらでも取得できるカリキュラムがあるので、社会人でもアイリスト求人に応募するための資格が取得可能です。

そして、昼間、もしくは夜間で2年、通信制で3年のあいだ専門学校で学び、履修することで美容師免許の国家試験への受験資格が与えられます。美容師免許の試験は、筆記・実技があります。

国家試験に合格すれば、晴れて美容師免許が取得可能です。試験に合格後、美容師名簿に登録し、必要書類を郵送することで正式に美容師免許を取得して、アイリストとして活動ができます。

アイリスト求人には、美容師免許取得を明記しているとこは少ないですが、お客様の要望に細かく対応するためにも、美容師免許は必ず取得するようにしましょう。

アイリスト求人で未経験可はある?

アイリスト求人 未経験可

アイリスト求人は、未経験でも応募が可能な求人がたくさんあります。経験があるアイリストの方が優遇されることもありますが、アイリストは、未経験からスタートも十分可能な業界です。

アイリスト求人で、未経験でも応募できるところが多いのは、充実した研修制度があります。アイリストのためのスクールに通えるところも多く、研修中も給料を保証してくれます。

そのため、アイリストが未経験であっても、一から経験を積めます。未経験からスタートする場合、給与は提示額の下限からスタートとなるでしょう。しかし、アイリスト業界は自身の努力が評価される場所です。上昇志向がある人にこそ、アイリスト求人はふさわしいといえます。

アイリスト求人への応募がおすすめの人

アイリスト求人への応募がおすすめの人

アイリスト求人は、とても魅力的で充実した条件がそろっています。ここでは、これからアイリスト求人を目指す場合、どのような人が向いているのかをお話します。

手先の器用さに自信がある人

アイリスト求人にピッタリな人は、手先が器用な人です。アイリストは、1mm以下のまつ毛を1本ずつ施術する細かい作業が要求されます。そのため、手先が器用な人にこそ向いている職業といっても過言ではありません。

目元というデリケートゾーンをあつかうアイリストは、常に細心の注意が求められます。もし、施術中に手元がブレてしまうと、お客様の目やまつ毛などにダメージをあたえてしまう可能性があります。それゆえに、手先の器用さは必須項目とも言えるでしょう。

しかし、手先の器用さに自信がなくても、アイリスト求人に応募できます。未経験の場合、最初からすぐにお客様の前に立つのではなく、研修や講習などから始めるからです。器用さは、その前準備の段階で鍛え上げられるでしょう。

集中力が継続する人

アイリスト求人では、集中力の高さも重要な指標になります。アイリストの施術は、約1〜2時間と長いことが多いです。そのため、高い集中力がアイリスト求人に必要になります。

集中力がある人は、施術を効率よく進められます。スピーディーな施術はお客様側にとっても負担が少なく、高評価につながるでしょう。

また、集中力があれば、お客様の目元を細部までキレイに整えられます。目元をキレイに仕上げられれば、次の指名にもつながります。

他にも、集中力の高さは、ミスや施術の失敗を減少させます。ミスのない施術は、アイリスト求人において有利にはたらくでしょう。

お客様とは、雑談をしながら施術することもあるので、集中力が散漫になりやすいときもあります。しかし、しっかりと研修をこなし、場数をふむことで、次第に息を吸うようにキレイな施術ができます。

コミュニケーション能力が高い人

お客様とマンツーマンで施術するアイリストは、コミュニケーション能力が求められます。お客様の要望をしっかりと聞き取るカウンセリング、施術中の対話、施術後の案内など、アイリストのコミュニケーション能力は、たくさんの場面で発揮されます。

お客様との対話は、自然な流れで、違和感なく、アットホームな対応がベストです。口コミ・評判においても、スタッフの対応は重要な要素になります。

コミュニケーション能力が高い人なら、初めてのお客様ともスムーズにお話ができるので、良い評価につながりやすいでしょう。

美容のトレンドに興味がある人

アイリスト求人と相性の良い人に、美容トレンドに詳しい人があげられます。アイリストは、顔の印象の大部分を占める目元を施術します。そのため、美容の最先端を知っておくことで、お客様からのさまざまな要望に対応可能です。

トレンド感のある目元は、垢抜けた印象になりやすいです。美容トレンドを知っていれば、お客様の満足度を一気に高められます。

また、美容トレンドに詳しいアイリストなら、お客様が目元の知識がなくても親身になってアドバイスができます。美容の最先端であるアイラッシュサロンでは、美容トレンドを知っている人は貴重な存在と言えるでしょう。

アイリスト求人に年齢制限はある?

アイリスト求人に年齢制限

アイリスト求人には、年齢制限を設けているものは、ほぼありません。しかし、なかには年齢を重ねている人を断っているアイリスト求人もあります。

アイリスト求人は、若いお客様が多いことから、アイリストにも若い人が求められやすいです。そのため、アイリストは若い世代の人が多いところもあります。

けれども、年齢制限なしと公表しているアイリスト求人もたくさんあります。年齢を理由に断られないサロンなら、その後も長いキャリアを積めるでしょう。

ただし、年齢制限がないアイリスト求人の場合、経験者を求められる傾向があります。未経験からスタートできるかは、アイリスト求人によるので、募集要項をしっかりと読み込みましょう。

アイリスト求人の応募~採用までの基本的な流れ

アイリスト求人の流れ

アイリスト求人の応募をする際は、一連の流れが存在します。以下で、アイリスト求人に応募するための簡単な流れをお話します。

アイリスト求人を探す

まずは、アイリスト求人を探すところからスタートです。アイリスト求人は、サロンのホームページや予約サイトなどでリサーチができます。

アイリスト求人を探す際には、自分にとって相性の良いところを探しましょう。アイリスト求人のアクセス、給与、歩合給など詳しく比較してください。

アイリスト求人に応募する

アイリスト求人に応募するときは、履歴書と職務経歴書を用意しておきましょう。どちらも書類選考の大事な要素となります。

履歴書で重視される項目は、自己PRと志望動機欄です。どうしてそのアイリスト求人を選んだのか、アイリストをどうして目指したのかなど、ブレることがない強い理由を書いておくと、面接でも役に立つでしょう。

面接をする

アイリスト求人に応募して、書類選考に通過したら面接に進みます。面接は、一般的な質問を予想しておき、あらかじめ回答を用意しておくと、受け答えがしやすくなります。

アイリストは、美容の最先端をいく存在であるため、身だしなみにも気を使ってください。服装に指定がない場合は、オフィスカジュアルを意識した服装がおすすめです。

アイリスト求人の面接では、実技試験をする場合もあります。その際に、指定がなければ自分がアイリストとして使う道具を持ち物としてもっていくのも良いでしょう。ただし、アイリスト求人側に指定がある場合は、忘れずにそれらを持っていくようにしてください。

採用~研修に参加する

アイリスト求人の面接に通り、採用が決まったらアイリストとして活動が開始できます。アイリスト求人の多くは、研修や講習などからスタートします。

アイリスト求人の研修期間は、アイラッシュサロンによって異なるので事前に確認しておきましょう。研修中に何も問題がなければ、そのままお客様の前に立ちます。

アイリストとしてデビューすれば、あとは経験を積み重ねていくだけです。アイリスト求人の条件次第では、1年目でも年収が大幅に増える可能性があります。

アイリスト求人に応募して採用されよう

アイリスト求人は、基本給こそ一般的ですが、歩合給をふくめると夢があります。アイリスト求人を見るときは、福利厚生や待遇、休日など細部まで読み込むことがおすすめです。

アイリスト求人によっては、未経験でも充実した研修制度を設けているところもあるので、たくさんの案件をチェックしてください。ただし、アイリストは美容師免許がほぼ必須なので、あらかじめ準備をしておきましょう。

アイリスト求人に応募したら、あとは面接や実技を乗り越えて、採用されるだけです。研修が終われば、華々しいアイリストとしての人生が始まるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次